日本舞踊の世界。
藤間蘭黄が華麗で繊細な世界へご案内します

The world of Japan traditional dance "NIHONBUYO".
FUJIMA Rankoh that will guide you to the splendid and delicate world.

PROFILE

MESSAGE

藤間蘭景より

この度の新型コロナウイルスの感染拡大をふまえ、感染症拡散防止、及びお客様や出演者・関係各位の健康と安全面を第一に協議した結果、「日本舞踊の可能性vol.3 GOSAMARU-勇者たちの物語-」の開催は「延期」をさせていただくことになりました。

ご観劇を心待ちにしてくださっていた皆様には、ご迷惑とご心配をお掛けいたしますこと、心より深くお詫び申し上げます。

新たな開催日程につきましては、決定次第本ページにてお知らせいたします。

どうか皆様お身体を大事にお過ごしください。

藤間蘭黄

TOPICS

公演のご案内

「日本舞踊の扉」リーフレット

「日本舞踊の扉3」
日本舞踊のお稽古場見学

- 延期になりました -
藤間蘭景・蘭黄日本舞踊稽古場


リーフレット(pdf)
「東アジア文化都市 2020北九州開幕式」

東アジア文化都市 2020北九州
開幕式

- 延期になりました -
新作『門司春秋』作詞・演出・振付・出演
北九州芸術劇場 大ホール

詳しくはこちら


「GOSAMARU-勇者たちの物語」

日本舞踊の可能性 vol.3
GOSAMARU-勇者たちの物語

- 延期になりました -
東京文化会館


» 特設サイト リーフレット(pdf)
» Facebook

藤間 蘭黃(ふじま らんこう)

江戸時代から続く日本舞踊の家に生まれ5歳から祖母、藤間藤子(重要無形文化財保持者)、母蘭景より踊りの手ほどきを受ける。6歳で初舞台。16歳で藤間流名取となり、長唄、能楽、囃子、茶道の研鑽も積む。曽祖母や祖母から伝わる古典の継承とともに、ゲーテの「ファウスト」を一人で演じる『禍神』、オペラ「セビリアの理髪師」の舞台を江戸に移した『徒用心』など創作作品も積極的に発表している。
2015年には世界ダンサー、ファルフ・ルジマトフ、ロシアの国立バレエ団の芸術監督、岩田守弘との『信長』を世界初演。国内外の公演活動を精力的に行いながら、初心者から師範まで幅広く指導している。2015年芸術選奨文部科学大臣賞。2016年文化庁文化交流使として10ケ国14都市で公演、ワークショップ、レクチャーなどの活動を行う。五耀會同人。


Rankoh Fujima

• Birthplace:Tokyo
• Birth:November 6, 1962

He is the successor to the Fujima Family, which has been located at “Daichi” since it was awarded during the Edo period. When he was five, he started learning Nihonbuyo dance from his grandmother, Fujiko Fujima (Important Intangible Cultural Heritage) and his mother Rankei Fujima. He has devoted himself to passing on the classical works handed down by the Daichi School for many generations and popularizing Japan traditional dance "Nihon Buyo", and has guided many students ranging from beginners to masters at the same time as he has given many public performances. He is a member of the Nihon Buyo Goyokai. He studied Nagauta music under the head of the school, the late Shojiro Kineya VI, Komparu school Noh under the late Nobutaka Komparu, and tea ceremony of the Urasenke school under Sokujitsuan. He also studied Hayashi (musical accompaniment) under the late Seiko Tosha, and his stage name is Kiyoshi Tosha. His creative works have been highly praised and the success of the work, “Nobunaga”, that he presented in 2015, earned him the Sixty-sixth Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology’s Art Encouragement Prize. “Japan Cultural Envoy FY2016” for the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan.

公演情報Performance Schedule

日程 内容
2020.7.21 日本舞踊の可能性 vol.3『GOSAMARU-勇者たちの物語』
» リーフレット(pdf)
» 日本舞踊の可能性 vol.3『GOSAMARU-勇者たちの物語』特設サイト
2020.3.28 東アジア文化都市 2020北九州 開幕式 
2020.2.22 日本舞踊協会公演 » リーフレット(pdf)

お知らせNews

2020.3.19
日本舞踊における古典を継承するとともに、優れた作品を発表し、日本舞踊のさらなる発展・普及に寄与した功績に対し、令和元年度日本芸術院賞を受章いたしました
2020.2.25
メディア情報を更新しました
2020.2.22
日本舞踊の可能性 vol.3『GOSAMARU-勇者たちの物語』特設サイトをオープンしました
2019.12.24
日経新聞・毎日新聞に掲載されました
2019.12.19
公演情報を更新しました
2019.6.6
公演情報中・東欧公演情報を更新しました

Contact

お稽古の見学や、取材など、お気軽にご連絡ください。



東京都台東区柳橋2